弁護士に過払い金請求を依頼する利点・欠点について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

弁護士に過払い金請求を依頼する利点・欠点について

こちらでは弁護士に過払い請求を依頼した際の利点と欠点についてお話ししていきましょう。
まずは利点からお話しします。法律のプロである弁護士は、法律に関する知識がとても豊富です。交渉のプロですから、過払い金請求の際、訴訟や調停になってもすべて安心して任せることができるでしょう。
弁護士は代理人になりますから、過払い金請求に必要となる取引き明細の開示請求に引き直し計算など、これらの和解契約まですべて行うことができます。いざ自分ですべて行うとしても、膨大な時間や手間がかかってしまいます。これらの手続きを仕事をしながら行うのは難しいでしょう。
平日に裁判が改定されるケースがほとんどなので、弁護士に依頼することで休みを取らずに済むという利点もあります。
司法書士は訴訟額が140万円 以下の裁判しか扱えませんが、弁護士の場合はあらゆるケースに対応できるという点も利点となっています。
次に欠点についてお話ししましょう。費用がかかってしまうという点が欠点になります。着手金、成功報酬、場合によっては報酬金などが過払い金請求の費用としてかかります。
着手金については無理のケースもあります。しかし5万円前後が相場となっており、成功報酬は過払い金を回収できた場合、その金額の20 %程度が成功報酬となります。切手代や印紙代、交通費なども経費として請求されます。
例えば、過払い金が100万円とした場合、弁護士に支払う費用は25万円前後となるでしょう。
以上の点を踏まえて、弁護士に依頼した方がいいのかどうかを検討してみましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.