過払い金とグレーゾーンについて 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金とグレーゾーンについて

出資法と利息制限法は、過払い金に深い関係のある法律となっています。
消費者金融の場合、出資法で定められている利息の上限 29.2 %に近い金利で設定されているようです。
今現在、融資を行う貸金業者の多くは利息制限法を守っているようですが、中には守っていない業者もいるようです。
グレーゾーンという言葉をご存じでしょうか。過払い金で問題になっているものですが、このグレーゾーンとは出資法と利息法の二つの上限の間にある利息帯のことです。
利息制限法の場合、10万円未満であれば 20 %、10万円?100万円未満であれば 18 %、100万円以上であれば 15 %となっており、29.2 %との間の利息をグレーゾーンと呼びます。
なぜグレーゾーンが生まれるのでしょうか。それは法律上、利息制限法は違法となっていても出資法は違法ではないという矛盾があるからです。過払い金が発生してしまう原因の多くは、このグレーゾーンが原因となっています。
では、なぜ貸し金業者ではこの問題を放置しているのかというと、利息制限法に罰則規定がないからです。業者は経営利益を求めます。利息制限法は形骸化しているといっても過言ではないでしょう。本来であれば必要のない金利なのです。よって過払い金が発生してしまうというのも当然のこととなるのです。
過払い金を請求する際にグレーゾーンはとても重要になってきます。ぜひ理解して大切な資産を取り戻しましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.