利息制限法と多重債務者について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

利息制限法と多重債務者について

信販会社やサラ金などから借り入れしている場合、1社だけでなく何社からも借り入れしている人が多くいるようです。
消費者金融の場合は利息制限法の上限金利を守っていないケースがほとんどのようなので、多重債務者が金利を支払う場合、その金利が膨大な金額になることをご存じでしょうか。支払い期間が長ければ長いほど多額の利息を支払っているということになります。
この利息制限法ですが、守っていない業者は信販会社やサラ金だけではないようです。テレビコマーシャルなどでよく見かける銀行系のカード会社などでも高い金利で貸し出しをしているようです。大手銀行の名前だから安心だというのは間違いで、多くのカード会社でも利息制限法に違反しているのが現状です。
多重債務者の多くは利息制限法に違反している会社から借り入れていることがほとんどなので、高い金利の借り入れをしてしまい、支払いが滞ると次から次へと別の業者から借り入れをするという悪循環になります。
このように多重債務者の多くは支払いが苦しくなり自己破産を選択していますが、自己破産を選択する前に過払い請求について調べてみましょう。
今現在、多重債務者の多くの人が過払い請求をしたことで、借金地獄から解放されているのです。
高い金利は支払い期間が長ければ長いほど多く支払っているということになります。過払い金を元金に充当しても、手元にお金が戻ってくる場合もあるそうです。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.