自分で過払い金請求する利点・欠点とは? 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

自分で過払い金請求する利点・欠点とは?

ここでは自力で過払い金の請求をした際の利点と欠点についてお話ししていきましょう。
まずは利点について。過払い金請求を自力で行うということで、弁護士や司法書士に依頼するとかかる費用が抑えられるという点が利点となっています。過払い金がなぜ発生したのかという状況を把握できるので、自分の目で確認しながら手続きを進めていけます。しっかりと納得できるという点も利点といるのではないでしょうか。
弁護士や司法書士に依頼した場合、過払い金のおよそ20 %が費用となるケースが多いようです。決して安くはない費用なので、最初から最後まで自分で進めたいと考えている人が少なくないようです
裁判などの場合、裁判所書記官に教えられながら交渉を進めることもできますので、自力で過払い金を取り戻している人も多くいらっしゃいます。
そして欠点について。やはり手続きが複雑であるという点ではないでしょう。素人が一人で裁判を乗り切るのはとても困難でしょう。中庭には不利な条件で裁判が終わってしまったというケースも少なくありません。交渉に自信がないという方はプロの手にゆだね、リスクを少なくするようにした方がいいかもしれません。
消費者金融業者の中には、過払い金請求に応じない業者もあるそうです。この場合は交渉が難航することが予想されます。専門知識がなければうまく対処できないでしょう。
また、過払い金請求は個々の状況によって対応が違ってきます。
確実に過払い金を返還してもらうためには、自力で話しを進めていく際の利点、そして欠点についてしっかり理解しておきましょう。


青汁 飲みやすい


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.