過払い金請求の流れについて 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金請求の流れについて

過払い金についてですが、請求してすぐに返還されるというわけではないことをご存じでしょうか。過払い金を返済してもらう場合、ある程度段階を踏む必要があります。場合によっては行政書士や弁護士などのプロの手を必要になります。
ここでは過払い金の請求から返還までの流れをお話ししていきましょう。
まずは過払い金が発生しているかどうかについて。借り入れの返済中であるという方はもちろんのことですが、完済していても過払い金の請求手続きをおこなうことは可能となっています。利息制限法による引き直し計算をして、資料をそろえてから過払い金があるかどうかを調べてみましょう。
そのために、過去の取引きがひと目でわかる取引き履歴の開示を求める必要があります。しかしながら、業者側は個人を相手に開示してくれることは少ないようで、過払い金返還請求訴訟を裁判所に提起することになるそうです。
提訴は弁護士や司法書士に依頼する形になるケースが多いようなので、担当してくれる弁護士などを事前に探しておくこともポイントとなります。この場合、消費者金融のトラブルに実績のある弁護士などを探すといいでしょう。過払い金に関する情報サイトや口コミサイトなどで情報を集めてみてはいかがでしょうか。
過払い金の交渉が始まり和解すれば、和解契約が結ばれた後、返還が行われていきます。ここまでに要する期間は 2カ月から 3カ月程度となっています。
先にものべましたが、業者の中には取引き履歴を開示しない業者もありますので、スケジュールを事前に整えておくようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.