過払い金が発生する仕組みについて 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金が発生する仕組みについて

過払い金が借金のトラブルのもとになることをご存じでしょうか。今現在では過払い金が多く発生していることでその件で裁判が多くおこなわれるようになりました。
ここではどのように過払い金が発生するかを話ししていきましょう。
まずは利率について。過払い金が発生するポイントに利率があります。
消費者金融が設定している上限利率は、29.2 %に近い利率になっていますが、これは出資法から採用しています。
中には、条件を限定することで10 %台の利率を課しているところもあるようです。しかし多くの消費者金融は、すぐにでもお金を借りたいという消費者のニーズに合わせて、銀行とは違い、借り主が審査をする場合のハードルを下げて審査行います。そのため、貸し倒れを警戒するという理由から利率が高くなっているそうです。
結果として上限利率ぎりぎりの高い利率を設定しているところがほとんどのようです。ヤミ金融の場合は、もっと高い利率を設けている業者も少なくなく、悪質業者として知られています。
過払い金が発生する理由として、貸し金業者が利息制限法の上限利率を守らないという現状があるためです。出資法には刑事罰がありますが、利息制限法を超えた利率で貸し付けを行っていても罰せられることがないのです。この点が過払い金が発生する問題となっているのです。
罰せられないのであれば利率をぎりぎりまで上げようとする業者がほとんどなので、借りる側は自分でチェックすることを怠らず、返済を計画的に進めていくようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.