利息制限法とみなし弁済について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

利息制限法とみなし弁済について

多くの金融業者で扱っている商品は、利息制限法守っていない利息を定めているところが多く、出資法の上限金利を超えないようにしていることをご存じでしょうか。
借り入れしている場合、利息制限法の上限金利を超えたものは支払う義務がありません。
しかし、現状では大手企業でも利息制限法を持っていないところが多く、借り手側の立場としては弱いといるようです。
今現在、過払いしている利息を介してもらい元金に充当するように支払いを正常化しようとする動きが見られるようになりました。テレビコマーシャルでも見かけるようになりましたが、金融業者に過払い返金請求をする方がとても増えてきました。しかし簡単に過払い請求に応じてもらえない場合もあるそうです。
「みなし弁済」という言葉がありますが、これは利息制限法を無視した利息について相手側が返還請求すると応じないというケースのようです。
この「みなし弁済」についてですが、貸金業規制法の43条に認められています。貸し金業者が過払い金の請求をされた場合の対抗策として出してくる権利なのだそうです。
みなし弁済が認められると、たとえ利息制限法を守っていなくても例外的に認められてしまうことになります。しかし、みなし弁済には厳しい条件が定められているので認められるケースがほとんどないので安心しましょう。
業者側が認められないとわかっていても言ってくる場合がありますので、事前にみなし弁済についてしておくことがポイントとなります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.