過払い金返還請求訴訟と調停の違いとは? 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金返還請求訴訟と調停の違いとは?

自分に過払い金があるという事実が判明した場合、返還してもらうために訴訟と調停を行うというケースはとても多くあります。
訴訟と調停についてですが、とても似たようなイメージがあります。実際には似ているのでしょうか。
大きな違いについてお話ししていきましょう。判決をくだすか、あるいは話し合いによって問題を解決していくか、この二つになります。
過払い金返還請求の訴訟は裁判所で行われていきます。過払い金が140万円を超えた場合は地方裁判所、140万円以下の場合は簡易裁判所で行われていきます。
裁判所の場合は、原告側(債務者)と消費者金融などの貸金業者(債権者)、両方の主張を聴いた上で裁判官によって裁かれて行きます。ここで判決が下されますが、不満があったとしても判決に強制的にしたがうことになります。しかしすべてが強制的に行われるわけではありません。交渉は穏便に進められ、和解に至るケースは少なくありません。
過払い金請求が競っていた行われた場合、簡易裁判所ですべての話し合いが進められていきます。万が一、どちらか一方に不服がある場合、調停は成立しません。交渉も長期化するということになります。双方ともに長期化は望んでいないでしょうから、そのような場合は司法書士や弁護士などのプロに依頼するといいでしょう。
また費用の面を見ても、訴訟と調停には違いがあります。過払い金を返還請求した場合、申し立てをする際に収入印紙代が必要になり、調停は訴訟の半額となることを知っておきましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.