過払い金請求の際に心掛けたい事とは何か 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金請求の際に心掛けたい事とは何か

過払い金を請求する際に心掛けておくことはたくさんあります。ここではその心構えについてお話ししていきましょう。
まずはじめに過払い金が発生しているかどうかを調べることから始めます。その時点でどのぐらいの返済をしているか、明確にしていくことが重要となります。消費者金融などの業者に過去の返済履歴を取引き履歴の開示として求めます。
個人で求めた場合、取引き履歴を開示してくれないケースが多いようなので、プロに依頼した方が安心でしょう。事前に信頼できる司法書士や弁護士を選定しておくということもポイントとなってきます。
自分で過払い金請求を進めていくことももちろん可能です。必ずプロに依頼しなければならないというわけではありません。しかしスムーズに交渉を行いたい場合は、知識が豊富な専門家に依頼した方が安心でしょう。
必要となるのは書類の準備です。消費者金融などと過払い金について連絡を取る場合は、電話は避けてできるだけ文書に残すようにします。
FAXや書留、内容証明郵便などを利用してやり取りをするようにします。
過払い金の交渉の際に、業者の中には過払い金を戻すどころか訴訟を取り下げるよう求めたり、あるいは債務者に知識がないことにつけ込み、不利益な和解契約を無理やり結ぼうとする業者もいるそうです。
このようなことにならないよう、交渉の時はしっかりと書類を確認しながら毅然とした態度で交渉するようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.