利息制限法にのっとった利息計算について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

利息制限法にのっとった利息計算について

利息計算はとても面倒なもので、特に消費者金融の利息計算は大変面倒なものとなっています。
多くは、分かりにくいということで知らぬ間に利息制限法で定められている上限金利を超えた利息を払わされているケースが多いようです。
ほとんどの消費者金融は利息制限法で定められた金利を守っているところがありません。多くは出資法で定められた上限金利 29.2 %に近い金利で運営しています。
テレビコマーシャルなどでよく見かける有名企業で、同様の状態で貸し出しがなぜ行われているのか。それでは利息制限法に罰則規定がないためです。「グレーゾーン金利」と呼ばれている金利で貸し出しが行われている現状があります。
悪徳業者の場合、出資法の上限金利を超えているケースが多く、グレーゾーン金利で貸し出しをしている業者にも同じようにいることですが、利息制限法に見合った金利での支払いに変更してもらうのが妥当と言います。
現在、インターネット上では利息制限法に準じた利息計算をしてくれるソフトを簡単にダウンロードできるそうです。このソフトは、利息計算と同時に過払い金の計算もしてくれるので、過払い金を取り戻したいと考えている場合は書類作成の際に役立つことでしょう。
専門家に訴状を任せる場合でも、過払い請求をする場合の資料作りに使うことができます。
また過払いしていた場合、元本返済に充てた時の計算も同時にできますので、返済計画を立てる際に役立ちます。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.