利息制限法と出資法の関係性について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

利息制限法と出資法の関係性について

貸し金業者からお金を借りる時、定められている金利のほとんどが利息制限法に定められている上限金利を超えていることをご存じでしょうか。
ほとんどが利息制限法ではなく、出資法に定められた上限金利となっています。その理由は、利息制限法に罰則規定がないためです。多くの消費者金融業者は利息制限法を守っていないのです。
利息制限法の上限金利は20 %となっておりますが、ほとんどの貸し金業者が出資法の上限金利となっている29.2 %で貸出しているのが現状です。
20 %?29.2 %までの金利を「グレーゾーン金利」と呼んでおり、近年では大きな問題となって騒がれています。
「ヤミ金融業者」とは、法律を違反する覚悟で出資法の金利を超えた高い利息で貸し出しをしている業者です。
このヤミ金融業者での高い金利は、利息制限法によってさだめられた上限金利を超えていますので、返済請求ができますし元本に充当させるなどの措置をとることが可能となっています。是非専門家に相談して対処するようにしましょう。
計算し直してみた場合、実際にはとっくに支払いを終えているケースもあるそうです。結果として払い過ぎた分のお金を取り戻すことができるのです。過払い請求についてですが、対処してくれる機関もあるようなので、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.