過払い金とみなし弁済について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金とみなし弁済について

過払い金を請求する場合、みなし弁済という言葉を聞くことがあることでしょう。
ここではその「みなし弁済」についてお話ししていきましょう。
利息制限法によって融資とは、規定の利息以上をとることはできないと定められていることをご存じでしょうか。しかしながら実際には、グレーゾーンが存在することで出資法の上限に近い利息を設けている消費者金融がとても多く存在します。
では早速利息制限法に基づいたお話しをしていきます。
貸し金業者の中には、過払い金が発生したことで返済の手続きを進められても「みなし弁済」によってこの申し立てを無効とすると主張する業者もいます。過払い金の返済の場合、みなし返済が認められてしまうと取り戻すことができないのです。貸し金業者にとって有利な規定となっているみなし弁済は、利息制限法の上限を超えた利息が設定されていても合法とするものです。
過払い金の返還請求する場合、大きな妨げになることは間違いありません。
しかし心配は要りません。なぜならばみなし弁済を適用する場合には厳格な条件があるからです。まずはじめに登録された貸し金業者であることは条件となります。次に貸し付けの際に法定の契約書を交付していることも条件となり、また弁済の都度に受け取り証書を交付することも条件となります。そしてさらに損害金や利息としての支払いであることや任意の支払いであるということが条件となります。このように条件はとても厳しくなっていますので、合致している業者はほとんどないと言われています。
みなし弁済は過払い金請求の際に問題となりますが、実際は返還の障害になってしまうことはほぼありません。しかしながら、万が一の時に備えて知っておく必要があります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.