利息制限法と時効について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

利息制限法と時効について

借り入れしている人の多くは、その業者が利息制限法に違反していることを知らずに過ごしているようです。多くの消費者金融業者は利息制限法に違反しているのです。その理由に利息制限法には罰則規定が定められていない、という点が挙げられます。
過払い金利とは払い過ぎた金利を意味します。過払い金利を返してもらうこと、これは借り手側の当然の権利といるそうです。しかしこの過払い金利の返済請求に立ちふさがるのが時効です。
業者が法律に違反しているのに事項があるなんておかしいと思う方も多いでしょう。
現在進行形で支払いを続けている契約については時効がありません。しかし完済したものについては時効が関係してきます。気になる時効の期間についてですが、完済してから 10年が経過するまで過払い金の請求をしなければいけません。契約書に記載してある最終支払日ではなく、繰り上げで完済したケースの場合はその日から 10年以内ということになります。
簡単に説明すると、支払いが終わった契約書を見た場合、利息制限法に違反していると気づいて 10年がたっていなければ過払い請求をできるということになります。
手元に契約書が残っていた場合、利息制限法に違反しているかどうかすぐに確認しましょう。専門家に相談して過払い金利を取り戻せる可能性があります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.