過払い金請求の費用について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金請求の費用について

過払い金請求を行う際の費用についてですが、手続きをどのように進めていくかによって違ってきます。
過払い金請求の場合、収入印紙代と郵便切手代が必要最低限となります。なぜ収入印紙が必要になるのかというと、裁判を行う場合には訴状を提出しますが、この訴状に収入印紙をはらなくてはならないからです。訴訟額が100万円につき1万円の収入印紙が必要となるそうです。裁判ではなく調停のきた場合は半額になるそうです。
過払い金請求による裁判や調停には切っても必要になります。この場合、過払い金請求のケースによって少々変動があるようです。最初に納めるよう求められますか、金額は6400円分となっています。
切手は郵便物を送付する際の費用として当てられますが、万が一不足した場合は追加する必要があり、逆に余った場合は返還してもらえるので安心です。
消費者金融などに対して過払い請求を起こした場合、その業者の代表者事項証明書を添付しなければいけません。経費は1000円かかりますが、法務局(消費者金融の本店所在地を管轄する)で取っておきましょう。
このほかには、裁判所へ向かうための交通費、またコピー代なども経費としてかかります。これらの費用についてですが、個人で手続きを行った場合の費用となっています。司法書士や弁護士に依頼した場合はほかにも経費がかかってきます。
上記で述べた必要経費は、最低限必要な経費であるという目安にしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.