過払い金と裁判所について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金と裁判所について

こちらでは、過払い金返還の請求訴訟や調停をおこなうときに、どの裁判所に訴えればよいかお話ししていきましょう。
訴訟の場合、二つに分けられます。
過払い金が140万円を超えた請求する場合は、地方裁判所に訴えることになります。この場合は、過払い金請求の代理人として弁護士を依頼することになります。
過払い金が140万円を下回る場合は、簡易裁判所に訴えることになります。この場合は、過払い金請求の代理人として弁護士、司法書士のどちらでも可能となっています。
調停についてですが、こちらはすべて簡易裁判所になります。
裁判所の場所についてですが、過払い金の返還請求訴訟は、債務者が住んでいる地域を管轄している裁判所に訴えるのは原則となっています。
消費者金融などとかわした約款には、債務者ではなく消費者金融の本店所在地を管轄している裁判所管轄裁判所とする場合があり、法律とは違いがあります。無効であるととらえられてしまい、約款は無視されているのが現状となっています。
このことからもわかるように、過払い金を返還請求する場合、債務者(原告)が住んでいる住所地を管轄している裁判所に申し立てを行った方がいいとされています。
裁判所に訴える際、自分が住んでいる地域を管轄している裁判所はどこにあるのか、事前に調べておきましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.