利息制限法に違反していた場合は? 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

利息制限法に違反していた場合は?

消費者金融でお金を借りている場合の金利についてですが、もしも利息制限法に定められている上限金利を超えた金利の場合は、返してもらうのが妥当のようです。
企業と交渉する場合、個人的に交渉しようと考えている人が多いようですが、そのほとんどは言い含められてしまうケースが多いようです。
まずやるべきことは、自分の場合、過払い請求ができる条件に当てはまっているかどうかを判断することから始めましょう。
多くの方が法律事務所に足を運んで相談することは検討しているようですが、今現在、インターネット上で相談することが簡単にできることをご存じでしょうか。
法律事務所に相談してみようと思っていてもなかなか行きにくいという方には、おすすめのシステムとなっています。
ホームページには、借金が過払いになっているか、なっていないかを計算できる項目があります。この項目は有料となっていますが、過払いをしていることに気づかぬままいるよりも、過払い請求できた時のことを考えれば、役に立つコンテンツといるのではないでしょうか。
現状では、借り手側が利息制限法によって守られていないといえます。
利息制限法と出資法を企業側は、うまく利用しています。高い金利を借り手側に課しているということです。
利息制限法と出資法で定められた金利を比較した場合、およそ10 %の開きがあるといわれています。
長期返済をしている多くの人は金利を払い過ぎている場合が多いようです。まずはインターネットを使って調べてみましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.