過払い金と開示請求について 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金と開示請求について

取引履歴を調べることで、過払い金が発生しているかどうかを調べることができます。
この取引履歴ですが、いつ借り入れをして、いつ返済したのか明記されています。これは保存義務があるそうです。貸金業規制法で保存期間は 3年と定められていますが、上位の法律にあたる商法では保存期間が 10年と定められています。領収書などの書類を持参しなくても、借り入れが 10年以内であればその記録が残っている可能性は高いといるそうです。
特に一緒に住んでいる家族などに借金を知られたくないという場合は、領収書や請求書などを保管していない人も多いでしょう。書類がないためか払い金請求をあきらめるということはせずに、情報開示を業者に要求してみましょう。
では、過払い金を請求するには何が必要なのでしょうか。取引履歴の開示のために必要となるのは「取引履歴開示請求書」または「取引履歴開示依頼書」です。
これらの書類をそろえるために業者が情報開示をすることは、金融庁事務ガイドラインによって応じる義務があるとされています。正当な理由がない場合、取引履歴を開示拒否することは貸金業規制法違反になりますので、業者側から必ず開示してもらい返済状況を把握しましょう。
ここで注意点を一つ。業者側が提示してきた情報に改ざんがないかどうかということです。取引履歴を見たとき途中から始まっていたり、また返済期間が短くなっている場合は注意が必要です。
書類を確認した後は引き直し計算をして、過払い金が発生した場合は返済してもらうよう話を進めていくことになります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.