利息制限法とクレジットカードについて 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

利息制限法とクレジットカードについて

多くの企業は、利息制限法によって利息の上限金利が決まっていても、守っている企業は多くありません。
世間一般的に広く知られている大企業の貸し出し金利はとても高いものになっており、問題外としてヤミ金融業者があります。
グレーゾーン金利の廃止が平成 18年に決まり、平成 19年12月 19日には 2年半以内に貸金業規制法から廃止されるようになりました。
グレーゾーン金利を正当化する見なし弁済が 認められなくなる ということになります。
みなし弁済を認めるための条件は、利息制限法扱った判例において条件はかなり厳しくなっているので条件がそろわないそうです。
現在も利息制限法の上限金利を超えているものが、ほとんど占めています。
信販系、銀行系、流通系、IT系、メーカー系、石油系、消費者金融系のクレジットカードの金利を見てみましょう。利息制限法の上限金利を超えているのがおわかりかと思います。
次にキャッシングについて調べてみます。
銀行系については 12?24 %、信販系については 18?28.8 %、IT系については 7?27.6 %、流通系については 18?24 %、メーカー系については15?26.28 %、石油系については 25 %前後、消費者金融系については7.7?27.375 %となっており、各社開きがあることがわかります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.