過払い金が出たモデルケースについて 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

過払い金が出たモデルケースについて

最近よく耳にする「過払い金」について、数例をご紹介しましょう。この機会にぜひ自分の場合と比べてみて、過払い請求が可能かどうか考えてみてはいかがでしょうか。
初めにAさんのケースについてお話ししましょう。
Aさんは3社の金融業者から 10年ほど借り入れを行っていました。返済を続けていた時に過払い金のことをしたそうです。過払い金の手続きを行った際に、過払い金の返還が実現したそうです。Aさんには 3社それぞれに50万ずつ、合計150万円のどの返済が残っていましたが、過払い金について弁護士に相談し手続きをしてみたところ、過払い金は200万円以上になっていたのだそうです。
借金が完済した場合でも過払い金の請求が可能なケースもあります。
ここではBさんのケースを例に挙げてみましょう。Bさんは借金を長らく借りていましたがすべて返済しました。しかし過払い金の疑いがあったため、過払い金の請求手続きを取ることにしたそうです。手続きをした結果、過払い金は300万円も戻ってきたそうです。
このようなケースはとても多く報告されています。
過払い金が発生しているかどうか、これは個人個人で違いがあります。借入期間が長かったり、借金の額が大きくても過払い金請求が必ずできるということではありません。
業者の中には取引き履歴を開示しない業者もあるようで、手続きがスムーズにいかないという場合もあるそうです。
過払い金が疑わしい場合は、行政書士や弁護士などに相談し手続きをしてみましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.