司法書士に過払い金請求を依頼する利点・欠点とは? 〜 過払い金請求と利息制限法がいど

main_top_over_navi
main_top

司法書士に過払い金請求を依頼する利点・欠点とは?

過払い金を請求する場合の利点についてですが、法律文書を作成と登記に関する専門家になっている司法書士に依頼した場合のケースについてお話ししましょう。
利点についてですが、まずは債務処理の業務を司法書士に委任すると、消費者金融からの取り立てが止まるという点ではないでしょうか。
債務者本人に取り立てや請求を行ってはならないという点は弁護士も同様です。
また、依頼者の利益を守るためのノウハウは専門家として熟知していますから、場合によっては過払い金に利子をつけて取り戻すという手腕を発揮するケースもあるそうです。
ほかには、弁護士に依頼するよりも司法書士に依頼した方が報酬が安く済むということがありますので、費用の面からみても司法書士に依頼した場合のメリットは多くなっています。
しかしながら、現状には低料金で請け負う方は少数派の様なので、弁護士に依頼した場合とあまり変わらない費用額がかかると考えておいた方が賢明のようです。
次に欠点についてお話しします。過払い金の請求を行う際に、140万円以下の事案しか扱えないという点が欠点となっています。細かい話しですが、過払い金が 141万円以上だということがわかると、司法書士は扱えませんので弁護士に依頼することになります。
司法書士であればだれでも過払い金請求をできるわけではないようです。
法務大臣から認可される、また司法書士会から認定を受けた認定司法書士でなければ行えません。司法書士に依頼する際には、事前にきちんと確認しましょう。親身に対応してくれる司法書士を賢く選択しましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 過払い金請求と利息制限法がいど All Rights Reserved.